信頼する霊能者との出会い別れ(水星-ドラゴンヘッド合 シナストリー 体験)

魂の旅路

私の人生を語る上で欠かせない重要人物の一人、信頼する(信頼していた)霊能者はイヴァルナのカルマリーディングにも示されていたお方です。出会いから別れまで、相性シナストリーをご紹介します。

1、信頼する霊能者との出会いから別れまで

西洋医学では埒が明かない難病

サラリーマン退職を決断すると同時に脱毛スタート、ずっと続く脱毛にとにかく本当に悩んでいました。町医者3件ほどたずねるも誤診されたり、これといって解決への手がかりは得られませんでした。

医学では埒が明かないなら霊能者か!?と思いたち、何もわからないままネットで調べて良さそうなミディアム(霊媒師、地上と霊界とつなぐパイプ役)を見つけ、セッションを依頼しました。

セッションの時点で頭髪は以前の半分くらいになっていました💦ちなみにセッションのわずか二日後に全身脱毛に気づいたことで、町医者に大学病院への紹介状を書いてもらう流れとなります。

どん底の中のどん底期。ですがこのセッションで初めて、本格的なスピリチュアルの世界に触れることになりました。

彼女に影響を受ける

このセッションは、なによりも脱毛のことで一番役に立ちました🌟

完治(寛解)に至るまでは数年かかりましたが、それは仕方のないことだったし、どうすればいいか?がわかったので大収穫でした。

大学病院での精密検査では、何の異常もなし。また初診から医師の説明に矛盾を感じ、脱毛に対する有効な医学的手段もないと知り、早々に通うのをやめました。

脱毛以外の事も含め、今でも私の中では伝説のセッションです。こちらの情報を出す前からどんどんリーディングが進むので「すごい。。」の一言でした。

そんなわけでこの霊能者の方の影響により、サラリーマンを辞めて2-3ヶ月後にはこの霊能者の通っていた学校へ足を踏み入れていました。たまたま通いやすい場所に存在したのも、必然だったでしょう。

当時はもちろんプロになるつもりもなく、なんの自信もなく。無職+脱毛に加えいろいろと心が荒んでいたので、瞑想や精神世界を学んで癒されたかったんですよね。

しかし魂レベルでもともと知っていることだったので、学ぶうちに精神世界のことをどんどん思い出しました。また不思議と霊能のワークはできるのでした。

そしてそこで学んだ霊的真理には心満たされたものの、そこに通う人たち・教える人たちの行いには疑問が湧き、自分自身がスピリチュアリズムにすごくこだわりを持っていることに気づきました。

祈る子
祈る子

脱毛は、霊能者になるための「通過儀礼」だったわ

霊的な仕事をするひとなどは、大変な思いをする代わりに神様からギフトを受け取るのよ

あくま
あくま

2人目のソウルメイトと出会って、もう一つ「通過儀礼とギフト」があったよね

関係性が終わる

少しずつ自分の中のスピリチュアルなパワーが開発されていく一方で、この霊能者の方とはまったくそりが合わなくなります。

というか私が霊能学校に通っているとなると、そこの先生だった彼女は生徒を育てるためかなんなのか?意味わからんくらいキッツーってなりました(笑)。

結局、数年のうちに3、4回ほどセッションを受けただけですが、霊界からのメッセージは相変わらず精度が高いものの、到底癒されないひどい言い方されました。嫌がらせだったといえるでしょう。

たぶん私が思うに彼女は蟹座アセンで1h獅子座月なので、素が出ると悪気なく相手のことを考えずズバスバ言ったりやけに感情的になるのです。ご自分でもブログ等で反省していることがあります。

それと・・傷ついた魂なので

  • 開花しはじめた私の癒しパワーによって、癒されて調子狂った可能性もあれば、
  • 当時の気弱な私にマジでイラついていた可能性も(笑)。

それでも私はそこは流しつつ「一生彼女のセッションを受けつづけたいな!」とか思っていたんですが。そういう目的で縁が生じたわけではなかったようで、あるとき踏ん切りがつき縁を切りました。

そのころ見た夢では、旅立つ私に彼女が「さようなら」と手を振っていました・・✋

その後はなんとか、他者に頼らずともセルフリーディングができるように。霊能は彼女並みとはいかないと思いますが、波動の高さでは上ですからね。

よって、私には先祖霊や動物霊など波動の低い存在は見えたことがありません。私自身は英国式スピリチュアリズムでいうところの伝統的な「ミディアム」ではありません。

それに私には占星術もありますし、最近では他の適性もでてきました。大人っぽく言うと、方向性が違ったって所でしょうか。

かつて霊能の世界では霊媒能力は「利他的に」「他人のために」使うべしと教わった気がしていますが、今じゃセルフでガッツリ活用しまくりです。

※後日、このミディアムの存在はなんだったのか?直に私が霊界に問い合わせたところ
霊界「あなたを光の世界(スピリチュアリズムの世界)へ導く役目があった」
私が光を受け取る(=霊的真理や魂の叡智を知る)までが彼女の役割だったそうです。

※霊的真理を本格的に学びたい方は、シルバーバーチがおすすめです。

2、霊能者とのシナストリー(相性)と星回り

お互いのドラゴン軸に天体合の相性

さてこの女性の霊能者は、イヴァルナのカルマリーディングにも登場した方です。「私の霊的能力を引き出す2名の女性がいる」とあり、そのうちの一人だと思います。

シナストリーでは、お互いのドラゴンヘッド-テイルに相手の天体がタイトに合。

  • 私のn水星-彼女のnドラゴンヘッド合
  • 彼女のn金星-私のnドラゴンテイル合

私からするとn水星-彼女のnヘッド合ですから、霊能者の方は私の水星の「より良い使い方」を教えてくれる相性。水星とは、メッセージ、コミュニケション、思考パターンなども表わします。

なので彼女は私にご自分のスピリチュアル・セッションを通じて「こういう水星の使い方もあるよ」と新たな道を教えてくれたし、霊能学校との良いご縁も運んできたのでした。

※そこの会長先生と私は、前世で夫婦のようなつながりがあったと感じています。イヴァルナのカルマリーディングにも会長とのことはたくさん描かれていて、私が直感した通りの過去生でした。

会長も気づいていて一時期、特別扱いするときもありました。でもこの方ともタイミングが来て切れました。
この霊能者は恩師である会長と今でも良い関係が続いているようですが、前世でそのひとの妻だった(かもしれない)私にひどい言い方するとか失礼ですよねw

ただこの女性の霊的能力は半端ないので、ラストセッションで私がほえて→彼女が静かになったとき、私の真の姿に気づいたんじゃないの?

私は私で、彼女のことをけちょんけちょんに書いた過去ブログの記事(笑)↓

とはいえ彼女からは

  • 霊媒能力を生かして霊界と交信すること
  • 霊的観点で物事を見ること
  • スピリチュアルなリーディングや表現活動を通じて誰かをサポートすること

といった水星の突破口が示され、私は知らず知らずのうちに一歩ずつ前進していたのでした。

彼女がセッションで説いてきた「スピリチュアルな視点」も、最初はちんぷんかんぷんで「さすがスピリチュアリストだな!」と憧れました。少しでも彼女の考えに近づきたいと思ってました。

しかし勉強や研鑽を重ね何年か経つと、彼女に先回りして何を言うのかわかるように。

パターンが読めるようになったのもあると思いますし、霊能やスピリチュアリズムは私のn水星の新たな方向性でありながら、やり慣れた懐かしいことでもあるのです(彼女n金星-私nテイル合)。

そんな彼女ではありましたが、口ばっかで実践できていない人も多いなかで、彼女は実践できている方だと思うので(そうするしかない)全然良いほうです。

この霊能者とのご縁は、会長先生(前世の夫)が育てた愛弟子のセッションを受けて、今生の会長先生の仕事ぶりを私が見てみるという意味もあったのかもしれません

彼女のお役目が終わるとばっさりご縁が切れるのも、ドラゴンっぽいです。

星回り

初回セッション(出会い)

出会い別れも意味するドラゴンヘッド-テイルがらみだけ、まず見てみますと

  • tドラゴンヘッド-t木星合(=神やスピリチュアリズムとの出会い
  • 私ノード回帰、ミーンだとイグザクトオーブ0.00!、トゥルーだとオーブ2.5切った位

この時彼女は私との接点になんのインパクトもなかったでしょうけれど、私にとってはすごく重要なタイミングでしたね。

私のn水星が新たな方向へと進むシナストリーなので、私のほうは初回セッションのころより水星が磨かれていく「始まり」が示されております。

5hn火星-P水星-t土星合のトリオが、n土星にスクエア。P水星は長期に及ぶ逆行からやっと戻りはじめた所で、n火星-海王星-水星トリプル合に合していく第一段階です。

星を見ると、ここまでも大変だったけど、ここからまたネイタルのハードがPTでガンガン刺激されていくきつい数年の幕開けでした。人生の過渡期がずっと続いていたんですね。

ネイタル土星-海王星スクエアに天空のt土星-t海王星スクエアがハードにかかるなど。自分としてはこの時期そこそこ楽しいつもりだったけど、霊能の道も決してたやすくなかったようです。

ここからまたいろんなことを感じ・悩み・試行錯誤し、過去の膿を出したり・人間関係のドロドロもありながら、ゆっくりゆっくり前進していった時期でした。

n土星-t土星ロアースクエアという、中年の危機一発目でもありましたしね。

35歳から37歳にかけて起こります。職場での任務の増加に迎え、人によっては親の扶養義務が生じる年齢であり、社会的にも個人的にも後退を許されない奮闘記と言えるでしょう。

引用元:ルルラブア(2017年)「占星学 新装版」実業之日本社

ラストセッション(別れ)

出会い別れも意味するドラゴンヘッド-テイルだけでも、いくつか星が絡みます。この時は彼女にもインパクトがあった気がします。

  • 私P火星-tドラゴンテイル-t土星トリプル合に対し、彼女P水星オポジション
  • 私n水星SA金星-彼女nドラゴンヘッド合にt木星合、私SA木星スクエア

出会いも別れもノード-木星のコンビができています。今度は彼女が私の中に神を見たのでしょうか?それとも霊的な道を志す仲間だからでしょうか?

初回セッションで示されていたこと

初回セッションでの霊界からのメッセージは、こんな具体的ではありませんでしたが、たやすくない道をここからまた乗り越えることは、何回も言われました。その後に素晴らしい実りがもたらされることも・・

近々記事にまとめますが、やはり私にとって最重要なセッションだったなと思います。

なぜならこの時の内容が、その後数回受けたセッションよりも「一番長期的なメッセージで・一番重要な未来を伝えている」からです。それ以降の話は、それっきり一切、出ていないのです!

ちょこちょこと言われた通りの未来は実現してきておりますが、しかし一番肝心なメッセージは、6年以上経てやっと最近、実感しはじめたり・現実のものになりつつあります。

結局のところセッションで言われていた「実り」ってのは、過去6年間のうちにはなかったし💦

でもこの時のセッションのおかげで、明るい未来が近々来ると信じてこの6年なんとか頑張れたように思います✨

目の前にニンジンがぶら下がった状態で、何年も走り続けたようなものなので(笑)

そしてこれからの相当明るい未来のために、これまで私なりに何十年とこの世で苦しんできたのかw?と思うと感慨深いです。

(そんなようなことを言われたような気もするし、自分でそう思うし、星でも解説できます。)

はたから見ると私はきっと、生まれつき恵まれていて自分の好きなことしていて自由な感じだろうけど、真面目で繊細なのでそれなりにもがいてきましたから。。

別記事で、初回セッションの内容と結果をご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました