長年の大嫌いな人が私に教えてくれたこと:どんな人でも愛されるにふさわしい(ザ・悪縁シナストリー)

魂の旅路

私には長年縁が切れていない「ザ・悪縁」の相性の女性がいます。シナストリーではキロン含めて14個のn天体で何重にもグランドクロス。お互いのドラゴンテイル-n天体合もあります。

その女性との課題をやっと乗り越えつつあるのか?縁が切れていくなか気づきがあったのでシェアします。

1、目覚める中、唐突に感じた思い

10-20年くらいの付き合いのある女性で、長いこと大っ嫌いで私は強い反発心を感じていた。しかしこれ書いている今朝、その女性に対し唐突に「本当に羨ましいな~」という思いで目が覚めた!

寝ざめの時の唐突な直感は「本音」「真髄」だったりするので、とても大切にしている。

その瞬間、なぜずっと私はその女性に強い反発心をかかえていたのか?自分の心理のからくりがすべてわかった。

実は私は、その人に嫉妬していたんだって!

2、悪縁で意識せざるを得ない相性

悪縁そのもののシナストリー

その女性と私の星の相性としては、キロン含めるとお互いのn天体が14個絡んでいくつものグランドクロスが形成される。お互いのドラゴンテイルにn天体合もある。典型的な悪縁のシナストリーである。

それで長年にわたりお互いを強く意識しているわけだが、特にここ何年か私は「絶対こういう風になりたくない!」って反発心にとらわれていた。過去ブログにもたくさん書いている(笑)

もともとは年齢も結構上で「憧れのお姉さん」っぽさがあったのが、私が徐々に大人になるにつれ彼女は自己演出がたけているだけで中身はかなり異なるとわかってきて

(天秤座アセンでn金星が正確にトライン)

私が脱サラして霊能に目覚めた頃くらいからは、彼女の表も裏もすべて透けて見えてきた。

一番のイライラポイントとしては、その女性がパートナーと異常な「ラブラブ幸せアピール」ってのをしていたこと。家族の前でパートナーによく目配せして、微笑んで誘惑していることもあった。

大人の女性はそんなことしません!

しかしパートナーは、その女性のおかしさに気づいてないのか?同レベルなのか?わかっててとりなしているのか?へらへらし・・。

女性の変な虚言に常に乗っかり、お互いに褒め合い&他者をけなし、二人で異常なラブラブっぷりを発揮。そういうゲームでもしてんのか?ってくらい。見栄っ張り同士だった。

表面と心のギャップ

私は魂レベルで人間を見抜くので、その人たちを見て表面的にはラブラブ演技+心は全く違う=ただただ気持ちワルイ!!!と思ってた。

本当に愛し合っているカップルはいちいちアピールせずとも、満たされていて余裕があって自然と周りもわかるもの。わざわざアピールするとか、むしろそうじゃないんだろうな~って思うよね。

超ダッサい。

推測だが、彼らの心のなかは「劣等感・満たされない気持ち・パートナーシップに自信がなく不安」、だからこそ四六時中、虚言言って他者を見下しているんじゃ?と思って

私はとにかく内心「オエッ!!!」って(笑)

彼らは時事ニュースについてすら落ち着いて会話できず、すかさずマウントの対象にw

そんで彼らを少しでもけなしたりすると・・いやこっちはまったくけなしているつもりなくても、被害妄想ですぐ目の色変えて怒り出す始末。

二人して自分たちは正しいんだ!すごいんだ!とギャーギャー自己防衛。よっぽど自信がないのかなあ?と思うし、もはや周りも適当に「いつも仲が良くていいですねぇ」とか言ってあしらうよねw

それか無視。

私は内心「オエッ!!!」(←ピュアなので)

無視すりゃいいんだけどやっぱがんじがらめの悪縁ゆえ、どうしても無視できないの。その女性と私の間にはなんかしら魂レベルの課題があるためか、私の心にずっと引っかかていた。

んで私としては「ホント気持ち悪いなあ!絶対結婚とかしたくないわ!独身がいい!そのうえで幸せいっぱいでいてやる!」って思うように。

素敵な夫婦もたくさん知っているけれど、この夫婦を意識するあまり結婚制度に反発していた。「絶対結婚なんかしたくないわ」って。

私が結婚する=その夫婦に乗っかるような気がして。

なぜならその女性は独身の私にたびたび既婚者マウントしていたので、私が結婚したらまた調子に乗って「やっと結婚できたのねぇw」とか二人で目配せしたり見下しの材料にされるのは目に見えていた。

ホロで分かる価値観の違い

彼らは天秤座アセンダントで結婚へのウエイトが重く、常に誰かしらパートナーというものを必要とするために、複数回結婚離婚している。加えて見栄っ張り。アングルがほぼ同じ=価値観が同じ。

私はというと全然違う価値観で、ソウルメイト以外結婚はありえない。ほかのひとには合わせられないし一人ですごすほうがまし。

でも彼らからするとまるで独身=失敗みたいな(笑)、世の中には独身のほうが幸せってひともいるのに上から目線で見下すわけ。世の独身を。

その女性は「ここだけは勝てる!」って思ってんのか、会うたび私が幸せそうにするとコソコソと独身だからねと皮肉や嫌味を言ってきた。コソコソヒソヒソせず大声で言えばいいのにホントキモかった。

すべてが動き始める

私はとにかくモテない認定されていたので(笑)ある時その女性は私によく知らないおじさん紹介してきたのね。これもマウントの一種だと思うんだけど・・

するとおじさんはもちろん超絶癒し美女の私に狂ってキョドり、数時間まともな会話が一つも成立せず。最終的にひどいハラスメントして、その場が凍り付いたのね。

まあ私と合うわけないので、その方も被害者なのだが。

ラブラブ演技のその二人もそこにいたのに、いざとなるとなんも頼りにならずw私が自分で天罰くだした。

これ2019年安倍元首相「桜を見る会」と同じ日のことで、安倍首相の絶頂=この女性の絶頂が同期していて、この日をきっかけに両方落ちていく。

しかし逆に私としては、史上最強のサバイバル能力が開花し始めたんだわ・・。同じ強い星回りでもこのように吉凶がわかれていく。

私:nMC-t冥王星スクエア1発目スタート、n月-t天王星スクエアファイナル 気持ち切り替えて本気だすしかない!!)

この1件によりパートナーは大反省し態度が180度変化、長年のラブラブ演技がおわった。マウントもゼロ。それきり一切その女性をほめないし、虚言もちゃんと訂正するように。

・・って当たり前なんだよ!迷惑かけてんじゃないよ。

(パートナーの人:n太陽-SP土星合オーブ0.01、P月-IC合へ 現実との直面、人生の節目、上っ面にとらわれず落ち着いて考えなおす必要性

本来その女性のチャートに力はなく、単体ではラブラブ演技続行できず目配せもゼロ。パートナーにひっぱられるように、今度は私にすり寄ってきたよ・・

(女性:n太陽-t天王星スクエアスタート土星つぎつ天体 夫の態度急変、試練の時期へ)

私からしたら、やっぱり演技だった、ホレみたことか。って感じだった。徐々に縁もうすくなっていった・・

3、んで今朝の気づき

自分と感情が切り離され、見えてきた

それからもう数年経つんだけど(笑)、なぜ今頃気づきがあったか?というとその女性との縁が切れつつあるなかで

「私」と「嫌っている思い」が一体化して自分自身がんじがらめだったのが→やっとこさ「嫌っている思い」と自分が、距離を置けたからだと思う。

心の奥底で嫉妬

彼女のことを実は心の奥底で、羨ましい!と嫉妬していたのだった。

ラブラブ演技以外の場面ではモードが変わるその女性に、ドス黒いような闇のエネルギーをちょこちょこ感じてた。なんなら表向き夫を立てているようで、裏では夫のことも見下して全部手柄を横取りしていたし。

そんな超・低波動な波動にも関わらず、優しくてよくできたパートナーに表面上だけでもあれこれと尽くされていることが羨ましい!!って私は心の底で思っていたのだった。

私の目に映る二人を見ていて、実は感じていたこと

二人が本当のところどういう関係なのか?はわからない。

夫のほうは本当にうまく行っていると思いこんでいたのか?恐れがあるからこそ猫なで声でつくしていたのか?共依存か、カサンドラか、自己愛夫婦か、仮面夫婦か、反動形成か、ビジネスカップルか・・

やっぱ心に引っかかり続けたのでいろいろ考えたのだけど(笑)、実際のところはわからないし彼らの問題なのでどうでもよく、

私が見ていてほんとのところ感じていたのは「幼稚なダメ人間なのに、よい夫に優しくされて羨ましい。」

具体的には例えばその女性は、家事を一切せず、毎日よく飲みたばこを吸い、公共の場で感情むき出しにし、多数巻き込みトラブル起こし、いろいろ迷惑かけるし・・という感じ。

ホロ的には本人は、本当は役に立ちたいのに叶わず辛いのかもだし、また夫のホロ的には、暖かくベタベタした感じが好きで(その女性の冷酷な面はともかく)幼稚ゆえ庇護欲を掻き立てられたのかも。

また私のホロ的には、自由に自分らしく生きたい、なので

その女性に対しなんかやりたい放題でしっちゃかめっちゃかだし、邪悪で自分の事しか考えていないのに、男を誘惑する術にはたけているのか優しい夫に愛されて尽くされていいなという解釈。

低波動とかはどうでもよく、あくまで「彼女への羨ましさが転じて、怒りや嫌悪感へとつながっていた」模様。

今朝、このことに気づいてもうびっくりだった。わたし羨ましかったんだ・・って(笑)

さらに大切な気づき

同時に分かったのが、

「ものすごく汚い波動でも、ヒトは愛される価値がある」

と私が理解するために、その女性は私の人生に存在してくれたということ🌟

心の中の恐れが現象化

その女性が本当に愛されているのか?愛されていたのか?も不明だし、二人が幸せだったか?今も幸せか?も知らない。

それにその夫婦2人には恐れの感情が確かにあったからこそ、星のタイミングが来てまんまとその恐れがマテリアライズ具現化し、関係性も変化したんだと思う。

それでも私にとってその女性の存在意義は「ヒトは波動関係なく(いっときだけでも)愛されるにふさわしい」ってことにあり

それを教えてくれるために私の人生に登場し深く関わったんだと、ふと分かった。彼女とのご縁は、このことを私が受け入れるまでがストーリーだった気がする。

わからんけど、たぶんw

つくづく女性のおかげ

夫側はいつも妻をさんざんほめていたが、ホロスコープでは7-10hミューチュアルリセプションで「パートナーのことで見栄を張り→社会的地位を高め→また見栄を張る☆」の無限ループにはまっていたからである。

私には中身がないように見えたけど、出るとこ出たらちゃんとしてんのか?経験を積み職業的な地位も瞬く間に高めていった。

でも生き方を見直す機会が訪れて、上ばかり見るのではなく「本当に大切な事」(今回はICであらわされていたが)にフォーカスする流れがきて、これではいかん!とあっさり寝返った。

おそらく自分がここまでこれたのは本当は誰のおかげか?心の深い部分でパラダイムシフトがあったと思う。でもこれも女性が派手なミスしてくれたからなんよね。

ずっと平穏無事だったら、頭が回らなくてこの事にも気づかなかったでしょうから。

かつてよく夫は「この人のおかげ」って繰り返し妻をほめていたんだけど、夫が言うのとは違う意味で確かにこの女性のおかげとなった。言霊だよね~

まとめ

嫌な人となかなか縁が切れない場合、あなたの中に課題が残されているのかもしれません。時期が来て状況が変化したり、ご自分の心と対話していくことで、見えてくることがあるでしょう。

また必要があってどんな人もあなたの前に現れているので、最後には感謝してお別れしたいものですね。

そして今回の私の気づきとしては「どんな人も愛される価値があるので、不完全な自分でもOK」、完璧主義に陥らないようにして前向きに前進したいと思います(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました