ミラクルライフを叶える、おすすめ自己啓発本~冥王星水瓶座入りへ向けて~

星&スピlife

『自分は本当は何を求めているのか?何がしたいのか?』

ご自分と向き合って、それを実現したり
目に見える形で受け取っていくことが
来たる冥王星水瓶座時代のテーマとなるでしょう。

マテリアルから心の時代へと転換していく中、
とてもおすすめとなるジョセフマーフィさんの
自己啓発本をご紹介します。

あなたらしいミラクルライフ実現のため
お手に取られてはいかがでしょう。

1、ジョセフ・マーフィ著『眠りながら成功する』

私の性格上、この本に書かれていることを
人生かけて真面目に実践したわけではないが

この本は私のミラクルライフ実現の役に立っている。
過去この本を読んではフッと癒されていた。

この本は真実だと思う。

ちゃんと実践できる方は
人生がもっと楽しくなると思うので
ぜひ取り組んでほしい✨

2、ジョセフ・マーフィ著『眠りながら巨富を得る』

1、の続き物であり、
実践編となるのが『眠りながら巨富を得る』。

私は1冊目のほうがしっくりくるが

人によっては最初の本よりもとっつきやすく
具体的なので実践しやすいようなので
お好みに合うほうを手に取られては?

この本のはじめのほうには、
結局私が考える『高波動ならすべて豊かに美しく』
ってのと同じことが書いてあると思う。

サイズをそろえたかったので私は単行本を買った↓

3、冥王星水瓶座を経て、心の時代へ

ジョセフ・マーフィさんの本は
現代で言う「引き寄せ」を説いている。

つまり「心の状態がリアルに現れる」ことを説明しており
こういった考え方は昔からあるのだけど

「ザ・シークレット」が世界的にヒットし
よく知られるようになってきた。

時代の流れ的に、今後もっと
重要になってくると思う。

これからの時代の流れ

地の時代の弊害:こころの病になる人が増えた

ここから占星術の解説を入れていくが、

1942年から基本的に地のサインで
グレートコンジャンクションがおき続けたので
これまでの約200年は「地の時代」と呼ばれている。

グレートコンジャンクションとは
土星と木星の会合だが、土星と木星というのは
「人間社会の仕組み・枠組み・構造・法律」など表わすので

これまで人間社会自体が
長らく地の時代的だった。

なので地が表す「物質や財」といったものや
「ピラミッド型の権力構造」に重きが置かれた。

  • 「会社や組織を毎年大きく」
  • 「増益し続けねば」
  • 「地位や名誉がある人が偉い」
  • 「お給料が高いほうがいい」

という物質的な価値観の追求が進んだ。

合理的な利益追及をするうえで
出世していきやすい人物像の一例として
サイコパス的・パーソナリティ障害的なひとたちがあげられる。

つまり、良心が欠如しており
平気で人を騙して自分だけのし上がる図太い人。

人の手柄をすべて横取りする人。

「結局、自分の出世の事しか考えていない」自己中心的な人。

自分がこれまでいた2つの会社の
その後の追跡をすると、実際そういう人が
なぜか出世している印象。

そういう人をかわいがる上司も上司で
上にやる気がなく楽したいがために

自己の功績を過大評価しすり寄るような部下を
簡単に出世させている。

つまり良心の欠如したサイコパス的な人物を
「組織自体が求めている」とも言え

その風潮にあう人にとっては良いことこの上ないが
ついていけない人も多く
現代は心の病になる人が増えたのだと思う。

(詳しくは厚生労働省、平成30年版厚生労働白書-障害や病気などと向き合い、すべての人が活躍できる社会に-図表1-2-9こころの病気の患者数の状況ご参照ください)

なので私は、心の病になる方が増えたのは、
人間社会が物質的価値観により過ぎた
弊害であると考えている。

身の回りの友人知人を見渡しても、
そういう人だらけ。

私にはひとを癒す魂レベルの使命があるから
傷ついた人とよく縁ができるのかな?とも
思うけれど・・多すぎると思う。

2022年5月、風の時代スタート

2020年5月のグレートコンジャンクションは
水瓶座初期度数で起き、ここからは基本
風のサインでのグレートコンジャンクションが続く。

本格的な風の時代がスタートしたと
いうことになるのだが

いきなりすべてが変わるわけではなく、
ひとまず大きなターニングポイントは
2023年春と読んでいる。

t土星が魚座に入り、t冥王星が水瓶座に入る。
大惑星が同時にサインを変える。

ここから20年の間に、風の時代は
大きく進んでいくでしょう。

すなわち物質主義的で画一的な価値観から
→一人一人が個性的にもっと人として生きる世界へ。

社会に新しいシステムが導入され
一人一人としてはもっと自分らしさを
追及したり、大切にするでしょう。

つまり自分を知ることが、
冥王星水瓶座イングレス後
最重要課題となってくるでしょう。

冥王星水瓶座入り後、自分と向き合うことになる

私は大きな引き寄せは
マーフィ本を使わないが

本に従って細かい引き寄せ
小さな引き寄せはやることがある。

しかし面白いことに
イメージしそれが目の前に現れても、
本当に欲しいものでない場合、
結局自分が手に取らなかったりする。

なのでまず
「自分自身」をよく知らないことには
自分を生きることができないとわかる。

水瓶座に冥王星が入ったら
「どういうのが好きか」「自分が本当に何を望むか」
それを個々人が現象化していく時代に入るので

自分が何をしたいのか?そこへフォーカスし
そこに向かって生きていくことになるので
こういうことが大切になる。

なぜなら星の動きからも、
現実的に予測されることとしても

20年以内にはAIが人間の代わりに
大半の仕事をこすようになり

世の中には無職でひまな人が圧倒的に増え
ベーシックインカム導入により
最低限の生活は保障される毎日になるので。

2023年トランジット冥王星、水瓶座入り。
これは大きな時代の移り変わりを意味しうる。

間違いなくこれまで日の当たらない人たちに
スポットライトが当たり、彼らの権利が強くなる
(非正規労働者、外国人労働者、性的マイノリティ、動物・・)

その一環で、社会構造の抜本的な
見直しも行われると思う。

人類史上初の、社会構造へ

何十万年も前からホモサピエンスは
生き残るために、敵や動物から身を守るなど

ネガティブなことにアンテナ高くしてすごしてきた。
危機管理しないと、命が危ういので。

危機意識が低い人は、敵に襲われ淘汰され
危機意識の高い人たちが生き残ってきた
とも言える。

やがて進化していくなかでも
長らくネガティブなことに目を向けないと
自分を守れないのが当たり前だったので

今でも私たちは
ネガティブ思考になりやすかったり
本能的に危機管理能力が発達している。

しかしこれから時代は大きく変化し
今後は敵から身を守らなくとも働かなくとも

「最低限の安全と生活」が保障される。
2023年-2043年t冥王星が水瓶座にいるうちに。

これは人類史上初のこととなるでしょう。

心の時代へ

ベーシックインカムによる
「最低限の貧しい生活」ではなくもっと良い生活。

ゴージャスで楽しくエキサイティングな人生を
手に入れたい方で、それが叶っていないときは

何十万年もかけて本能にしみついている
「ネガティブなことにとらわれやすい脳」を書き換え

願望を現象化させほしいものを
手に入れていくことになるでしょう。

私は「心の時代」と呼んでいるが

目に見える世界の価値が減り
情報の価値が高まり
貧富の差は激しくなるでしょう。

それとともに自分の望みはなんなのか?
正確に理解する必要があります。

そしてご自分の心にしかその答えはないので、
皆様それぞれしっかり自分と対話していくでしょう。

一人一人体現したいことは異なりますから。

※この時、占星術に頼ったり
霊界からのメッセージを参考にするのも有効です。

「自分の心と対話する」意味でも
「心の時代」になると思います。

心の状態がリアルにそのまま現れる・・
このことにいちはやく気づいたもの勝ちの時代へ。

その予兆として今すでに引き寄せやマーフィを
実践し、成果を出している方が増えてきています。

目に見えない世界への理解が進む

数年前に私がネットの掲示板とかに
「波動」と書くと

「この世に波動なんてものはありません!」
と言うレスが来たりしました。

波動が存在するかどうかでいったら
波動を手でつかむことはできませんから
そういう意味では存在していないとすらいえますし

別にこっちは言葉にしづらい感覚的なことを
そう表現しているだけなんで
じゃ~どういえば伝わるやら?と
途方に暮れたものです。

あるとかないとか、言葉も
どうでもよいことだから。

しかし最近では波動という言葉が
一定の市民権を得たのでしょうか、

波動と書いてもそういうレスはありません。
なんとなくでも伝わっているようです。

というわけで、目に見えない世界への理解が
ここ数年で急速に進んでいると思われます。

まだまだきちんとした伝統的で霊的な
知識を学んでいる方は少ないとは思いますが。

今後はむしろ心のなかこそが
真実という風になるでしょう。

もし霊的真理を学ぶのならシルバーバーチがおすすめです。
何冊も出ていますので、まとめの<11>だけでも。

占星術と引き寄せの違い

占星術とは

私の考えでは、占星術とは
「自然の摂理」である星の動きを読み解くこと
「自然の摂理」とうまく付き合う技術だと思います。

誰にでも1年には四季があり
朝になると東から太陽が昇ってくる・・
といった「自然の摂理」とともに私たちは生きていますが

それを何十倍にも応用しているのが占星術です。

「自然の摂理」である星の配置から
どういうことが起きそうか?どうしたらいいか?
読み解いていくものなので。

「暑くなってきたからそろそろ夏布団ださなきゃ」
「寒くなってきたからそろそろ毛布ださなきゃ」

誰しも自然の摂理に合わせて生きているが
それを何倍も応用したものが占星術。

自分を知るのにも、占星術はとても使えます。

趣味嗜好、持って生まれた運気、
成果の出るタイミング、じっとしておくべきタイミング。

ただし星読みではいくらでも
可能性や道を提示できるので、

ざっくりとした悩みより
具体的な悩みにぶち当たった時や
自分でもいくつかの方向性を考えているとき

星と照らし合わせて、答え合わせするほうが
有効活用できると思います。

自分で見れたら一番いいけれど
プロの占術師にゆだねるのも〇。

ただし星の分析はとにかく複雑で手間がかかるので、
真面目に分析をする分、しっかりした料金になるはず。

しかししっかり料金を取るのに、まったく分析せず
ただ喋りたいだけの自称占星術師もいるので
見極めてください。

引き寄せとは

引き寄せの法則law of attraction
LOAとは脳内イメージングをして
潜在意識に刻印しそれを現実化させるという方法。

占星術と全く異なるアプローチでこれを大いに活用し
『人生の景色をガラリと変える』方もいらっしゃいます。

占星術的に解釈するならば、星の使い方を
別次元へ一変してしまうということだと思います。

占星術に比べるとはるかにシンプルで
勉強もお金もいりません。

ただあなたなりにイメージングのコツをつかんで
潜在意識に刻印していくだけです。

ただしイメージしたものが実際
目の前に来た時、受け取る器が必要です。

そして自分の好みから外れていることを
イメージして引き寄せても(そう確かに現実化はするのだが)
無駄な回り道になります。

良かれと思って受け取った結果、
むしろ人生に大問題が起こったケースも知っています。

引き寄せたはいいが→どん底の始まりとなるなど、
自分の器以上のものを引き寄せると帳尻をあわせるように

その分ほかで悪いことが起きたりします。
星にはそれすらも、ちゃんと出ていますが。

でも図太くて強欲でマテリアルな価値観を持つ方で
コツもつかんでいる場合、どんどんこれで
夢を叶えたりされています。

しかし欲が尽きないのを見ると、
本人が幸福なのかは疑問(笑)

これは好みの問題だと思うので、
自分がそういうのは違うと思えば現象化させなければよく
占星術に比べてずいぶんハードルが低いのでおすすめです。

私の場合はきっと、一回嫌な思いをして
→その後ミラクル逆転ホームランみたいな

ドラマティックが好きなので
そういう現象の仕方をしていると思います。

引き寄せLOAに高額なセミナー・イベントもいりません。

引き寄せLOAでお金持ちになったっていう人が、
高額な商品を売りつけるのは矛盾しています。

せいぜいマーフィ本一冊あればいいし
他にもっと情報がほしければ、ネット上に無料公開されているもので◎。

まとめ

願望実現方法は、いろいろな達人が
いろいろな言葉でいろいろな説を唱えています。

ある人は「意図しましょう」
またある人は「意図しないことです」など

感覚的なことを言語化しているために
真反対の表現がなされているので
知れば知るほど混乱することもあるでしょう。

当記事でおすすめしたジョセフマーフィさんの本は
そんな自己啓発本の元祖だと思います。

私の中で殿堂入りしており、いつも枕元に置いています。

おそらくちまたの成功法則の本や引き寄せ本で
かかれていることは、結局マーフィさんの本に
書かれていることがもとになっていると思われます。

これからますます心の状態が
リアルに現れると知る人が増え
重要視されてくるでしょう。

早いうちからこういう本を手に取って、
内容を知っておかれてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました