トランジット木星の効果とは?!2021-2022年水瓶座・魚座木星期&海王星木星合を読む

セルフnotes

トランジット木星がきた星座は今年ラッキー♪とは単純にいきません。ではどう読めばよいでしょう?t木星の効果と、2021年2022年の水瓶座木星期・魚座木星期を見てみます。最近の魚座木星-海王星合についても解説します。

1、トランジット木星の効果

世間でよく言われがちな「t木星が来た星座は今年ラッキー♪」とはシンプルにいかないでしょう。なぜならt木星の拡大増幅効果には他の大惑星の配置が大きく関係し、それによって趣きもだいぶ変わってくるから。

例えば2021年-2022年あたりの水瓶座木星期・魚座木星期でいくと

水瓶座でt木星とt土星が同サイン

→ t土星-t天王星スクエア という不穏な作用を木星が拡大

魚座でt木星とt海王星が同サイン

→ t海王星がホームの魚座にいて 木星とともに強力な拡大増幅パワー発揮

以上は世界中の人たちにとって同じ星の配置になるので、世界的に影響が出る。どんなことが起きた&起きているか?見ていこう。

2、水瓶座木星期と魚座木星期を振り返る

2020年12月19日ー2021年12月29日 水瓶座木星期

今回の水瓶座木星期は2回にわたった。

2020年12月19日-2021年5月14日

2021年7月28日-2021年12月29日

占星術やっている多くの方々は、山羊座土星木星冥王星合のある2020年は大変なことになるとずいぶん昔から言っていた。そして翌2021年は不況になることも、あらかたわかっていたと思う。

なぜなら3年間に及ぶ土星-天王星スクエアは「不景気アスペクト」と呼ばれ、戦時中に物資が足りなくなるような「モノ不足」をも意味するのだが

2021年はそれが一番タイト形成、かつt木星が巻き込まれることできつい状況が「拡大する」と読めるので。

起きたこと

2021年実際には、コロナ不況によるリストラ、倒産、事業規模の縮小。さらにコロナウイルスの影響による世界規模のサプライチェーン危機。つまりモノ不足である。

例えば半導体チップなど部品不足に陥った。私のまわりでも、ガスレンジや給湯器が故障したまま業者から「部品がないために修理ができない・売るものもない」と言われ、生活に支障が出た人が複数いた。

食糧でも影響あり、日本ではジャガイモの輸送の遅れによって、有名ファーストフード店マクドナルトやモスバーガーなどでフライドポテトの販売を一時停止する事態に。

マクロな世の中の動きと同じようなことがミクロな個々人のレベルでも起きてくるわけなので、2021年のt木星の場合、個人のレベルでt木星が来たからってシンプルにラッキー♪とならないとわかるでしょう。

2021年は特に水瓶座生まれの方・水瓶座が強調されている方たちは結構シンドかったのでは?頭冷やすようなことも起きたと思う。

もちろん人それぞれだろうし、この年に良い変化と出た方もいるケド、私の身近にいる水瓶座生まれの人たちは大変そうだったな・・

あくま
あくま

日ごろの行いがものを言うからな!

2021年5月14日-2022年12月20日 魚座木星期

今回の魚座木星期は大変イレギュラーで、3回にわたる。

  1. 2021年5月14日-7月28日
  2. 2021年12月29日-2022年5月11日
  3. 2022年10月28日-12月20日

現在そろそろメインの2回目魚座木星が終わろうとしていて、魚座木星海王星合ぴったりというフィナーレへ✨

4月1-2週目ごろ正確にアスペクトするので、ここで起きてくることや雰囲気もまた変わってくるとは思うが、木星魚座イングレス時から当然に木星は海王星の影響を受けているとみてほしい。では海王星木星合の意味とは?

魚座木星-海王星合の意味

今回お互いのホームグラウンドの魚座にてしかも0度コンジャンクションだから、同じ木星海王星コンビのアスペクトの中で最も強い影響が出る。非常に特別な配置である。

※海王星木星合は13年に一度、魚座での海王星木星合は166年に一度。

このアスペクトは占星術師によって、かなり良い悪いの説明が異なる。確かに、理想の実現・慈善・環境保護・人道的活動という良い意味から、詐欺・混乱・偽スピ・水害・パンデミックといった悪い意味まで考えられる。

私としては人智を超えたパワーがひたひたとどこまでも広がるようなアスペクトなので、そういう強大なパワーを扱える「意識高い系の方々」以外には、基本的に悪い出方をするとみている。

前回このアスペクトができたとき、オバマ大統領の就任(=理想の実現)があった。就任の際、水瓶座にt木星もt海王星もいた。

そのあと数か月間、オバマ元大統領のネイタル1ハウスでピッタリ3回合、アセンダントにt木星合にてノーベル平和賞受賞された。

オバマ元大統領レベルであれば、こんな感じだけど。。

現在、このアスペクトを厳しめに読んでいる占星術師さんは、信頼が置けると思う。けっこう難しいアスペクトだと思うので。

あと「神々との約束」「魂の浄化」など夢見る夢子的な解釈をする占星術師さんたちもいて面白い。私はこのアスペクトがnドラゴンテイルにぴったり合なので、確かに前世が関係するお導き的な象徴的なことも起きている。

でも魚座終りの方で、次の牡羊座木星からの新たなターンも見据えているので、人によってはかなり厳しいと思う。いったん無になるような、分解・解体していくような流れがある。

木星海王星コンビで振り返ると、2019年に海王星-木星スクエアがあった。そのころを思い起こしてほしいのだけど、スピリチュアルバブル的な?詐欺やカルト的な?高額のレッスンやイベントなどはやっていた。

その年はちょうど私の個人天体たちがハードに巻き込まれ、私も自分ではどうにも止められないような「混乱」「無駄な拡散」といった目にあった。ジム通いや皮膚炎関連ででたのだけど。

今回は魚座で合なのでさらに良くも悪くもパワー全開となる。瞑想などしてなるべく心落ち着けて過ごしたいものだ。まあこの木星海王星合がn感受点に60度120度であれば、少しは良さげでしょう。

今起きていることと、前回の木星海王星合のときと見比べる

世の中で起きていることは、ご存じ「ロシアのウクライナ侵攻」。戦争と平和の極限状態を意味する山羊座金星火星冥王星合の頃、始まった。

前回の魚座木星海王星合は1856年で何があったかというと、200年ほど鎖国していた日本が開国する最中にあった(ペリー黒船来航)。今起きていることも似ていて、国境や境界線がなくなる=侵略・侵攻と出ている。

★ご参考★1856年頃ほかにあったこと
  • クリミア戦争→パリ条約締結(つまりウィーン体制崩壊→ヨーロッパ再編
  • 安政の大地震、安政3年の大風災などなど・・日本では相次ぐ天変地異が⚡

4月8日の岸田総理記者会見では「非人道的な侵略を行うロシアに対し追加制裁を科す」とのお話があった。非人道的って木星海王星の真逆いってる💦だからこそ今後、すごいリーダーが登場or国際的にまとまる可能性もあるが。

天空では相変わらずt土星-t天王星スクエアが効いているのと、山羊座最後のt冥王星によって権力や組織を根底からひっくり返そうとするチカラも働いているために

戦争や海老蔵さん暴露といった「誰が正しいの?何を信じていいの?」「報道はどこまで真実なの?」というのも含めた「大混乱」(=木星海王星合)で出ていると思う。

R1だったかな?お笑いコンテスト見ていても、なんだかとらえどころのない不思議な芸風の方が多くて魚座海王星木星だなって思った。そういう感じです、このアスペクト・・

まとめ:トランジット木星は単純な出方をしない

t木星の効果を測るためには、その年の「他の大惑星との絡み」がポイントです。他の大惑星や天体たちの配置を、良くも悪くも大げさに「拡大」する作用をもたらすからです。

振り返るとちょっと不穏な水瓶座木星期・魚座木星期ですが、トランジット木星は私のネイタル8ハウスに来て瞬く間に抜けていきました😨

次の記事に2021年-2022年の8hトランジット木星体験談を綴りました。よろしければご覧ください✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました